SEO対策(4)

今回は、タグの事はこれぐらいにして、ページ関係のことを題材に致します。

まず、大まかに言えば、トップページ、概要ページ、取扱ページ、サイトページが必要になります、あと、自分自身のウエブページを検索順位を上げる為に、ブログページも必要です。

ブログを書いて、ウエブページにリンクさせ、又は、被リンクさせる事で順位が違ってきます。

ですから、ブログを書くということは、一番重要な点になります。 ブログを1ページ増やす事で、ウエブページを2ページ増やす事になっております、このことが、検索順位に役割を果たすことに繋がってきます。

あとは、トップページから、それぞれのページにリンク、被リンクさせるようにします。

それと、H1タグは、広告で言えば大きな見出し、H2タグは、中ぐらいの重要さ、H3タグは、小出しのタグですので、それぞれのページにトップページに関しての事柄を繋いでゆくことです。

それぞれのぺーじは別として、サイトページにはウエブページに記述したリンク用語を集めなければなりません、サイトページは、ウエブページの集約を果たすところです。

本来で言えば、概要ページ、取扱ぺージ、サイトページもトップページとリンク及び被リンク関係にするようにした方が良いと思います。

グーグルロボットは、その記述した事柄がどれくらいページに繁栄しているのかを見て回ります。

ですから、文字を第一にするのが重要なことになります、よって、フラッシュなどは、ウエブページのデザイン的には華麗に見えますが、乗せないほうが良いかもしれません。

写真には、必ず、alt:文字を入れるだけで良いので、マウスを載せたら大きくなるとかのタグの書き方もベターです。

動画を載せることも効果が大きいと思います。 地図もそうです。ウエブページの発信場所がウエブページの訪問者にとって分かりやすいからです。

今回は、ページの中身に関して、少々記述しました。 これだけでも、少しは、違ってくると思います。 

次回は、今回に続く事柄を記述いたします。

                                                                                                                                豊水

コメント

このブログの人気の投稿

明けましておめでとうございます。

About Soho Tokutomi

Happy new year.