SEO対策(5)



前回に引き続きウエブページの内容について、記述いたします。


前回に記述しましたが、最低必要なページは、インデックスページ(ホームページ)、概要、サイト


ページ、ブログ、等がありますが、このページそれぞれのページから本来のインデックスページ


にリンクさせる事が必要です。 逆もしかりです。お互いのページをリンク、被リンクさせる事です。


次に、サイトページはウエブページ自体の集大成のサイトですから、meta scripto (内容)


meta key (検索語)をのせてページ全体にリンクをかけることになります。


次に、ページごとある検索語がどれくらいあるかをgoogle robotは見てゆきます。


それが、多ければ多い程に越したことはありません。


たとえば、インデックスページを作成するときには、h1タ---つまり大見出タグの事ですが、何を


おおいなる見出しになるわけですから、それに関連するようなページ造りをされれば良いと


思います。


其の上で、ページ造りをされるときには、中見出しのH2タグを用いて内容を記述してゆけば


良いとおもいますが、必ずページ自体の記述が多ければ多いときには、ページの長さ


いわゆる、訪問者がページを見たときに、どれくらいかは、本人つまりページを作った方が


ページの先頭に戻るを入れてやれば、ページ自体も見やすくなりますので、重要な事柄の


ひとつとなります。


次回は、内容を濃くさせる事を少々記述したいと思います。


今日は、これぐらいで------。

豊水



コメント

このブログの人気の投稿

明けましておめでとうございます。

About Soho Tokutomi

Happy new year.